2016年度CPC大会


JIMSA HP をご覧の皆様

 

1120日に東京慈恵会医科大学にてCPC大会が行われました

今年度は東京慈恵会医科大学と北里大学の2校のチームから症例発表が行われました。

例年とは違い、採点・表彰を行わずに発表のみの形式となりましたが、代わりに質問の時間が長く設けられ、さらに先生方と発表者、聴衆を交えたディスカッションタイムを増設できたため、活発に質問が飛び交い、各症例に対してより理解を深めることができました。

2校による症例発表後には、東京女子医科大学病理学教室の長嶋教授によるご講演があり、まだ病理を習っていない低学年から、一通りの疾患を勉強している高学年まで、楽しく病理診断や医学英語について学ぶごとができました。長嶋先生のお話は病理学だけでなく、将来どの科に行っても通ずるようなありがたいお話で、かつ、とてもユーモアに溢れ、お話の内容だけでなく、プレゼンテーションスキルも学びたいと思うほどでした。

発表してくださった皆様、ご講評並びにご講演くださった先生方、そして参加者の皆様、有意義な時間をありがとうございました。

 本大会での知識が、今後現場で皆様のお役に立つことを願っております。

 

それでは、次回のイベントのお知らせです☆

 

2016/12/11 Debate 大会 @東京女子医科大学

      →https://www.facebook.com/events/1812236972356212/

       (参加者募集中です!!

 

また、このほかにも

2016/12/18 第8回臓器別勉強会 @東京慈恵会医科大学

2017/3/18-19 JIMSA Sprig Session (JSS) @帝京大学(予定)

を予定しております!みなさまのご参加お待ちしております。

 

大会・イベントの詳細につきましては、JIMSA公式HP( http://www.jimsa.org)、公式Facebookページ、公式Twitter@JIMSAofficalをご覧ください。