2018年 Speech Contest 九州大会


 

2018年度Speech Contest 九州大会Chiefを務めました、福岡大学4年 北村 陽奈と申します。

 

今年度は一年生スピーカー13名が出場し、上位4名が入賞しましたが、どのスピーカーもテーマ設定やパフォーマンスが素晴らしく、参加者にとって楽しんで英語に触れることができた有意義な時間であったことでしょう。英語を学んでいくモチベーションを高める、また大勢の前でプレゼンテーションをする良い機会であるこの大会が、これからも繁栄していくことを切に願います。

 

今回の大会結果は以下の通りです。

 

1位 馬渡 萌   (久留米大学 1年)

 

2位 大川 真弥 (福岡大学   1年)

 

3位 皆川 貴範 (久留米大学 1年)

 

Best Performance賞 河野 侑佳 (福岡大学 1年)

 

 

大会の運営に関しまして、不備が数多くあったことと存じます。大会参加者にこの場をお借りしてお詫び申し上げます。そして、反省点を踏まえ来年度以降も久留米大学とより良いSpeech Contestを作っていけるようにしっかりと引き継いでいきたいと思います。

 

最後になりましたが、ジャッジを引き受けてくださったLoreto Feril先生、Brian Waters先生、遠方からお越しくださいましたJIMSA 執行部の皆様、久留米大学の皆様、福岡大学の部員の皆様のおかげでこの大会を終えることができました。

 

本当にありがとうございました。

 

来年度は、この大会は久留米大学にて開催されます。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

2018年度 Speech Contest九州大会 Chief

 

福岡大学 医学部 4年 北村 陽奈